MOVIE, NEWS, PICK UP, RIDER, Teather, 未分類 2017 INFINITY ディレクターズカット版公開! はコメントを受け付けていません。 |

2017 INFINITY ディレクターズカット版公開!

【 2017 INFINITY 】ラマこと平間和徳がすべるパートのディレクターズカット版が公開された

さっそくチェックしてみよう!

Read more

BLOG NEWS, MOVIE, NEWS, PICK UP, RIDER 平間和徳 今季2発目のフリーラン動画 はコメントを受け付けていません。 |

平間和徳 今季2発目のフリーラン動画

R÷DIVISIONから今季2発目のフリーラン動画がアップされた。

以下、平間和徳ことラマからのメッセージ。
—————————————————————————
神々嶺々【戸隠高原スキー場】でフリーライドしてきました。
ターンの切り替え、サイドチェンジ直前の、
ターンの抜けを最速で仕上げ、深いカーブで繋ぐ。

ラマのフリーライドの基本は『下にはゆっくり、横には速く』

ニューモデルのゴーグル、ブーツ、バインのストラップのテストもバッチリ。
今季も新たなすべりを作ります!
—————————————————————————

Read more

MOVIE, NEWS, PICK UP, RIDER R÷DIVISION最新映像! はコメントを受け付けていません。 |

R÷DIVISION最新映像!

最強レッスンプロによるスノーボードチームR÷DIVISIONから最新映像が届いたので紹介しよう。
以下R÷DIVISIONのラマこと、平間和徳氏からのコメント↓↓↓

今回のR÷DIVISIONの映像では、【ビッテリーターン】に拘ってみました。ビッテリーといっても、さまざまありますが、映像の中では、「曲げない」ビッテリーターンをしています。ボードを90度まで立てると普通は、かなりの勢いでターンして曲がります。しかしここでは、曲げないためにエッジの接雪長をテール側15cm程の接雪長にコントロールし、角付け角を少し緩める、最近風にいうとボードの「ロール」をコントロールをしています。
この映像を見て、みんなもぜひビッテリーターンで遊んでみてはいかがでしょうか。ターンで遊ぶのも最高です!

 

Read more

MOVIE, NEWS, PICK UP, RIDER DRAGON TV 2017ムービー「オシャレ小技」再生回数10万突破! はコメントを受け付けていません。 |

DRAGON TV 2017ムービー「オシャレ小技」再生回数10万突破!

プロスノーボーダーがゲレンデをスムーズにライディングする動画をアップしているDRAGON TVの2017年第1段「オシャレ小技」が10万再生回数を突破した。

ゲレンデのよくある地形やフラットバーンを使い、誰でもチャレンジできそうなおしゃれなトリックを紹介するこのシリーズをチェックしてレベルアップを目指してみてはどうだろう。

 

Read more

BLOG NEWS, GEAR, MOVIE, NEWS, PICK UP, RIDER ライダームービー 2017シーズン.002公開! はコメントを受け付けていません。 |

ライダームービー 2017シーズン.002公開!

 

ライダーの最新情報やライディングが見られるライダームービー2017の第二弾が早速登場!

雑誌SnowBoarderを見てくれている人にはおなじみの稲川光伸さんです。誌面では見ることのできない、楽しい映像になっているので早速チェックしてみよう!

Read more

BLOG NEWS, Brand Movies, EVENT, Events, MOVIE, NEWS, PICK UP, RIDER 國母和宏が快挙達成!今年最も活躍したプロスノーボーダーに贈られる世界的アワードで、最優秀賞を獲得 はコメントを受け付けていません。 |

國母和宏が快挙達成!今年最も活躍したプロスノーボーダーに贈られる世界的アワードで、最優秀賞を獲得

アメリカの大手メディア・TRANSWORLD SNOWBOARDING主催による、プロスノーボーダーたちの労と成果を讃える授賞式「RIDRES POLL 18」のMEN’S VIDEO PART OF THE YEAR(年間ベストビデオパート)部門にノミネートされていた國母和宏が、ボード・メリルやスコット・スティーブンスらを抑え受賞した。この授賞式の全部門を通じて、日本人スノーボーダーとして初となる快挙だ。

アメリカ時間の12月9日夜、コロラド州ブリッケンリッジ・リバーウォークセンターにて授賞式が行われた。授賞式のステージに上がった國母は、「Thank you. Finally, I’m ichiban.(ありがとう。ついにオレは一番だ)」と日本語の“一番”という言葉を用いて喜びの挨拶をしていた。その模様を収録したムービーがアップされたので、ぜひチェックしてほしい。

 

 

■ ■ ■  プロスノーボーダー國母和宏プロフィール  ■ ■ ■

1988年、北海道石狩市生まれ。4歳のとき、自発的にスノーボードがやりたいと父に意思表示をしてスノーボーダーとしてのキャリアをスタートさせると、小学5年で全日本スノーボード選手権ユース部門で優勝するなどして、日本スノーボード協会のプロ資格を獲得。中学2年時には権威ある全米オープン・ハーフパイプ大会で2位となり競技の世界で頭角を現すと、中学3年からはそれと並行するように、世界トップクラスの映像プロダクションとの撮影活動に取り組む。「競技者」と「表現者」という二足の草鞋を履きながら、2006年トリノ五輪出場、2010年バンクーバー五輪では“腰パン騒動”で世間を騒がせながら8位入賞。入賞とはいえ本来の実力を発揮できなかったわけだが、同2010年の全米オープンで初優勝を飾ると、翌2011年に2連覇を達成。その一方で、撮影活動でも存在感を示すようになると、海外の専門誌でも数々の表紙を飾るなど、世界トップライダーの仲間入りを果たす。主な出演作品は『STANDING SIDEWAYS』(2011年)、『DEFENDERS OF AWESOME 2 -STAY BAD ASS-』(2014年)、『STONP OR DIE』(2015年)、『STRONGER.』(2016年)など。2016年12月、米大手メディアが主催する世界最大のスノーボーダー授賞式「RIDERS’ POLL 18」において、『STRONGER.』に収録された映像が年間ベストビデオパート賞を受賞。プロスノーボーダーとしては競技での成績以上に表現力が重んじられることから、この賞の獲得は、事実上の世界一たる証となる。

 

Read more